ハワイお役立ち情報  ハワイ専門の海外インターンシップ 留学で働く 就職活動をサポート
ホーム > ハワイお役立ち情報

ハワイお役立ち情報

現地の気候について

ハワイの気候は熱帯に特有のものですが、東からの貿易風がほぼ絶え間なく吹くために気温も湿度もそれほど高くなく、年間通して、日本と比べて、過ごしやすい気候です。夏の日中最高気温は31℃近辺であり、夜間の最低気温は24℃近辺です。冬の日中は28℃近辺、夜間は低地で18℃近辺より下には滅多に下がりません。夜間は風も冷い時もありますので、長袖は必要と思っておいた方が良いでしょう。


現地の食べ物について

『ミックスプレート』
食文化については、メキシコ人や東南アジア人、白人など地域外からの移民も極めて多い州であり、各国からの移民が持ち込んだ多様な食文化が見られます。 大皿に様々なオカズを並べて食べる「ミックスプレート(プレートランチ)」は、プランテーション農業時代に、各地の移民が持ち寄った食べ物をみなで分け合った名残であります。

『ポキ』
生魚の切り身を使った「ポキ」と呼ばれる料理がハワイ名物として知られています。

『パシフィック・リム・クイジーヌ』
「パシフィック・リム・クイジーヌ」と呼ばれる、日本料理の技法やフランス料理の技法をもとに地元の食材を調理した料理も考案され、人気を集めています。

特に人数の多かった日本人が持ち込んだ和食の影響は大きく、「Bento(弁当)」、「Shoyu(醤油)」、「Teriyaki(照り焼き)」、 「Musubi(むすび)、(おにぎりの意)」など、日本語がそのまま現地語化したものも数多くあります。 その他ローカルフードとしては、ロコモコやアサイーボウルなどがあげられます。


物価について

ハワイは島なので、輸入コスト物価はアメリカの他の州と比べて少し高めで、生活費に関しては東京と同じくらいとされています。スーパーなどでは日本から輸入しているものも多く売られておりまずが、日本の販売価格の1.5倍〜2倍くらいで販売されているものがほとんどです。


お勧めスポット

《ビーチ編》
ラニカイビーチ: ハワイ語で 「天国の海」という名前のラニカイは、カイルアの中の未編入地域です。オアフ島の最も有名なビーチのうちのひとつ。全米No.1ビーチにも選ばれたこともある、真っ白で美しい砂浜と透き通った海は、ずっとここにいたいと思わせる美しいビーチです。
ハナウマ湾: 熱帯魚やウミガメ達が出迎えてくれる、シュノーケルやマリンスポーツにも最適なスポットです。
ノースショア: オアフ島の北に位置する、サーファーの聖地。大きな波を求めるあなたならまずココははずせません。
シークレットアイランド: オアフ島の北東部、クアロア牧場所有のプライベートビーチ。人が少ないビーチは治安の問題であまりお奨めできませんが、ここのビーチは有料のプライベートビーチなので不審者が入ってくる危険性がほとんど無いそうです。

《観光地編》
クアロア牧場: オアフアフ島の北東にある、大自然に囲まれたテーマパークです。乗馬やバギー、ジュラシックパークのロケ地ツアーなどの様々なアクティビティが楽しめます。
ダイヤモンドヘッド: ハワイのランドマーク「ダイヤモンドヘッド」。頂上に登った人だけが見ることができるワイキキの360℃パノラマビューは絶景です。早起きして山頂から日の出を眺めるのもおすすめです。
タンタラスの丘: ダイヤモンドヘッドやホノルル市内の景色が楽しめます。夜は綺麗な夜景が広がる眺望スポットです。

《ショッピング編》
ロイヤルハワイアンセンター: ワイキキで最高のショッピングスポット。4階建の大きな建物の中にはブランドショップからカジュアルファッション、ハワイアンギフトのお店などがズラリ。
アラモアナセンター: 290以上のショップが集う、ハワイ最大のショッピングモール!ワイキキからアクセスも抜群なので、行った事のない方は一度は訪れてみては?
DFSギャラリア ワイキキ: ハワイ唯一の政府公認免税店。洋酒・洋たばこなどのお土産や高級ジュエリー、一流ブランド、コスメなどの限定品がお得な免税価格で購入できます。


交通について

ハワイには、電車というものがなく、皆、バスや車でタクシーで移動します。また、通勤の際には、皆The busを利用します。しかし、The bus も、ハワイアンタイムで運行している為、注意が必要。バスの時刻表よりも、平気で30~40分遅刻してくることもしばしばあります。予定より随分早く出発しましょう。


ハワイのインターネット事情

Wi-Fi が一般的ですので、インターネットは、カフェやホームステイ先では、Wi-Fiを利用して、日本から御持ちいただくPCや、携帯電話も、無料でお使い頂けます。また現地での携帯電話に関しましては、現地入りと同時に、弊社で契約したものを参加者の皆様にお配りしますので、ご心配は御座いません。Wi-Fiを契約したい場合はそれも、現地ショップにて可能ですが、ホームステイ先にはWi-Fiも御座いますし、ワイキキ内のFree Wi-Fiが完備されている施設のマップをお配りしますので、ご安心下さい。


現地の水について

ハワイ現地で水道水などのお水をご利用される場合には、現地の人は普通に飲料水として利用するくらい綺麗ですので、ご心配は御座いません。しかし、もし心配な場合は、ハワイの日用品ショップでは、どこでも「Hawaiian Water」といって、ハワイのお水が売られているので、そちらをご利用ください。


ニックネームについて

現地では、皆、ニックネームでお互いのことを呼び合います。簡単な名前の方は、そのままのFirst Nameをニックネームにして頂いても宜しいかと思いますが、難しい名前の方ですと、現地の方に理解されないこともありますので、親しみやすいニックネームを考えておくことを推奨致します。


現地での支払いについて(チップ、カード)

通常の価格に、15%~20%のチップを上乗せするのが、通常となります。カードの支払いに関しましては、アメリカは日本よりもカード社会なので、クレジットカードがどこでもお使い頂けます。しかし、露店などに関しては、お使い頂けない場合が多いので、現金もお持ち頂くことを推奨します。


日本の銀行口座からお金を卸せるの?

プラスと書いてあるカードでは、卸せると言われていますが、手数料もかかりますし、念のため、現金で御持ちいただくことをおすすめします。


現地と日本の時差について

19時間御座います。日本の時刻に5時間プラスし、かつ1日前の日にちが、ハワイの日時になります。 例)日本:10日、16時 → ハワイ:9日、21時